ぎっくり腰でお悩みの

あなたへ

 

ギックリ腰の基礎知識、

 なってしまった時の対処法について

 

こんな症状でお悩みでは?

 重い荷物を持った瞬間に、腰を傷めまっすぐに立てない

 朝、起きた時に激痛がある

 靴下が履けない

 歩くときに前かがみになってしまう

 レントゲンには異常がないと整形外科で言われた

 いつまでも仕事を休めない

ぎっくり腰の原因は様々です

 

◎普段は立ち仕事なのに久しぶりの休みで長時間、

電車に乗って移動をした。

◎いつもよりも高重量でスクワットを追い込んだ。

◎靴を履こうと屈んだ瞬間にくしゃみが出た。

等々。

当院にぎっくり腰で来院された方が

ぎっくり腰となってしまった

直前の行動は、その方により様々です。

一般に「腰部の筋肉に急な負荷がかかった」為に

起こると考えられているぎっくり腰ですが、

実は原因は様々。

ヨガのようなゆったりした動作が

きっかけでぎっくり腰になった締まった方も

いらっしゃいます。

筋肉への急激な刺激、というよりも

慢性的な筋肉の疲労が何かのきっかけで

爆発してしまったのがぎっくり腰です。

 

ギックリ腰の原因をもう少し具体的に

ギックリ腰の原因となる筋肉として

まず考えられるのが大腰筋です。

大腰筋は文字通り、腰部の大きな筋肉で

ほとんどのギックリ腰に

大腰筋のトラブルが関与している、と言っても

過言はありません。

ただ、前述のようにギックリ腰の原因は

その方によって様々です。

大腰筋のみがぎっくり腰の原因、という事は稀で

臀部の筋肉、脚の筋肉、腿裏の筋肉、腹筋、

胸の筋肉、頸部の筋肉、腕の筋肉等が

複雑に関係してぎっくり腰になってしまってます。

 

 

 

 

 

整体院プラスワン。で行っている

ギックリ腰の施術について

 

1、まず、ぎっくり腰になってしまった時の、状況を伺います。

 普段は立ち仕事の方が、旅行に行くために長時間座っていた等、

 いつもとは違う身体の使い方をした事が原因になる事が

 多いため、お話を伺う事で、ある程度はぎっくり腰の原因が

 推察できます。

 

2、次に姿勢と動作のチェック、テストを行います。

 筋肉の状態、働き、痛みの出方を確認することで

 原因となっている筋肉を特定します。

 痛みの出ている場所に痛みの原因がある場合もあれば、

 痛みの部分から離れた所の筋肉のオーバーワークが

 原因となっている場合もあります。

 原因を絞り込むことで効果的な施術が行えます。

 

3、施術を行います。

 整体やマッサージ、カイロプラクティックの施術は

 うつ伏せの状態で行われることが一般的ですが、

 ぎっくり腰の場合、激しい痛みでうつ伏せに慣れない事や

 うつ伏せになる事で痛みがひどくなってしまう可能性も

 考えられるので、立ったままやお座りいただいた状態で

 施術を行う場合もございます。

 

4、ほとんどの場合、1度の施術で激しい痛みは

 改善に向かいます。

 施術後に再度、動作のチェックを行い、

 痛みの残っている部分にはキネシオテーピングを

 行います。

 キネシオテーピングはスポーツの現場で使用されることの多い、

 テーピング法で、テープが筋肉の働きをサポートし、

 回復の促進が期待できる施術法です。

 マッサージ等の施術はその場で対面で行いますが、

 テーピングを貼る事により、持続的な施術が

 期待できます。

 

 

 


 

何回くらいで、良くなりますか?

ぎっくり腰の原因は様々ですので、一概には

申し上げられませんが、激しい痛みに関しましては

1~3回程の施術で改善する方がほとんどです。